New Dancehall Tunes for May/June 2020

      New dancehall tunes for May/June 2020🔊💥💥💥 5月/6月のダンスホールのリリースを何曲かピックアップしてご紹介します!🔊💥💥💥 ・ 🔊1. Popcaan – Buzz 🔊2. Vybz Kartel – Cute Rider 🔊3. Maestro Don & Bounty Killer – Pioneers 🔊4. Konshens & Bounty Killer – Gal Weather 🔊5. Kranium ft. Tiwa Savage – Gal Policy (Remix) ・ #dancehall #newtunes #newmusic #musicupdates #jamaicanmusic #reggaedancehall #dancehallreggae #dancehallmusic…

Beenie Man vs Bounty Killa – Verzuz Clash Songs

BOUNTY KILLER and BEENIE MAN went neck to neck in the Verzuz Instagram Clash on May 23rd EST/ May 24th JST These are the songs they sang in the clash: ROUND 1: Beenie Man “Matie” Bounty Killer feat.Special Ed “Just a Killa” ROUND 2: Beenie Man’ “Memories” Bounty Killer “Suspense” ROUND 3: Beenie Man “Slam”…

Japanese Books on Jamaica/Reggae

Posts on Jamaica/Reggae Books – Recommendation 🇯🇲JAMAICA BOOK🇯🇲 ジャマイカ旅行に関しての1からダンスの情報、長期滞在に関してまで幅広く1冊📕 海外旅行どころか、外にも出れない状況ですがネットと本で有意義過ごしましょう👍 Book Link ↓ https://www.amazon.co.jp/JAMAICA-BOOK-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3%E8%A6%B3%E5%85%89%E6%9C%AC-%E6%A0%A9%E9%87%8E-%E6%B7%B3/dp/4990348435 23h 🇯🇲レゲエBook – オススメ🇯🇲🇯🇲 ボブ・マーリー レゲエの代名詞、永遠にして不滅のヒーローであるボブ・マーリーの音楽と強烈な生の軌跡を多面的にさぐりながら、その魅力の秘密とレゲエの未来にせまる待望の書。 ボブマーリーの命日が今週だったという事で、ボブマーリーが残した功績を学んでみるのも良いですね👍 #JahjastarzYoungBloodz #reggae #dancehall #music #hiphop #jamaica #reggaemusic #soca #dj #rnb #ska #afrobeats #rap #roots #reggaeton #party #love #dub #bobmarley #caribbean #dance #rasta #repost #rastafari #onelove #オススメ #dancehallmusic #livemusic #rocksteady #レゲエ Book Link ↓ https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9C%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-%E6%96%87%E8%97%9D%E5%88%A5%E5%86%8A-KAWADE%E5%A4%A2%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%AF/dp/4309977685 スカ、ロックステディ、ルーツ・ロック、ラヴァーズ、ダンスホール…。レゲエの歩みを描くことは、すなわちジャマイカの歴史をたどることでもある。ラスタファリズムのみならず、ジャマイカの社会・経済面にまでも言及、“低音文化=レゲエ”の歴史を記した名著、遂に日本版として登場。 レゲエのルーツから現在に至るまで、レゲエの正体に迫った本📕 電子書籍は無いようですが, STAY HOME WEEKにもってこいの1冊! AMAZON REVIEW ↓ 2005年に出版された、ジャマイカ音楽史とも言えるものです。 レゲエ以前の記述も詳しく、レゲエに関しては1980年代半ば 迄で筆を置いています。 第1章では、ジャマイカという島の歴史が示されます。 漠然と聞かされていた様々なものが、一つの流れとなって理 解することが出来ました。 第2章では、ラスタファリズムについて詳述されます。 ラスタの歴史が、マーカス・ガーヴェイやハイレ・セラシエ との関係を踏まえたうえで説明されます。 その初期の中心人物として、レナード・ハウエルが見出ださ れます。 第3章では、ジャマイカ音楽の歴史がメントと共にスタート します。 クレオール音楽とアフリカ系タイコ音楽の相違が説明され、 メントは前者とされます。 メントはキューバ系のリズム・パターンであり、その後のス カは米国系リズム&ブルースへの乗り換えであることが示さ れます。 第4章は、スカの誕生です。…

Govana – Hamants Convo Pt.2 [Video]

ダンスホールリリックの和訳解説シリーズ復活!今回リクエストで最近話題のGovana – Convo Pt.2の和訳解説!この曲はPt.2ということで、Pt.1の続きになっている。 ・ ちなみにPt.1では、Govanaがキーシャという女性に電話しようとすると、クリスという男性が電話に出る。そんな設定で会話が展開するわけだが、そこで判明するのは、クリスがキーシャの夫であること、そしてキーシャがGovanaと不倫していること。最初クリスは激怒しキーシャを殺すと言い出すが、Govanaのファンだということもあり、最終的にはGovanaの論弁(要するに女を簡単に信用してはいけないという内容)に納得し、会話は友好的に終わる。 ・ 今回のPt.2では、クリスから電話がかかってきて、Govanaは最初喜ぶが、最近の動きを聞くとやはりクリスの「ダメな女を簡単に信用してしまう」癖が全く治っていないことがわかる。それでGovanaがgyalis (プレイボイ)としての心得をさらに説明していくというリリックになっている。おもしろいので観てみてください💯🔊🔥  

Vybz KartelのOne Way [Video]

ダンスホールリリックの和訳解説シリーズ!今回もまたリクエストで、去年出た曲ですが、Vybz KartelのOne Wayを和訳解説します! ・ この曲のリリックではずばりカーテルが自分自身の生き方やギャング絡みについて語っていふが、バース1とバース 2で内容が分かれていている。 バース1では、無くなった知り合いのギャングに敬意を払ったり、自分の生き方について語っている。バース2はメッセージ形式で自分の息子達 (Likkle Vybz & Likkle Addi)へのアドバイスとなっていて、要するに自分が選んだギャングスタとしての人生と違う道を選んでほしいと言っている。 ・ サビでは「自分にとっては生き方がただ一つ」と語っている。それが要するにどんな手を使ってでも金を稼ぐという、ハスラーとしての人生。仲間たちが飢えるわけにはいかない。金にならないことについては興味がない。そんな生き方が、カーテルにとっての「One Way」というわけだ。    

キングストンでの安全対策(夜の歓楽)

誰もがキングストンで素敵な時間を過ごしたいですよね? 旅行を楽しむ一番の方法は、安全を最優先することです。 どうやったらナイトライフでの安全を確保することができるでしょうか? 下記のポイントをチェックして下さい!   1. パーティの開催地を確認する クラブなのか?ストリートパーティなのか?野外パーティなのか?どこで行われるのか?有名な場所なのか? 外国人や現地民がよく行くパーティなのか? これらの質問に対する応えはとても重要です。外国人旅行者が行かない所もありますし、どんな国でも外国人をターゲットにするスリなどに遭う場所があります。 2. タクシー会社による(赤いライセンスプレートの)タクシーに乗る これはJahjastarzがお客様に提供する最も重要なサービスのひとつです。ジャマイカにはたくさんのタクシー会社があります。タクシーには会社名と車番が書いてあります。これらのタクシーは安全で信頼できるのでおすすめです。また場所、距離によって固定額を設けているところが多いです。これらのタクシーには赤いライセンスプレートが付いています。運転手は名刺を常備しているのでそれをもらい、その番号に電話を掛けて次回もそのタクシーまたは会社を指定して利用することもできます。 3. 大金は持ち歩かない 必要以上のお金は持ち歩かず、きちんと所持金を把握しておきましょう。 下記がひと晩でかかるであろうお金の見積もりです。(ジャマイカンドル)   ・クラブのドア代 = $1000             ・飲み物代 = 1杯 $500 ・タクシー代 = $1200(往復)             ・レストラン(クラブに行く前に利用する場合) = $1500   *これらはおおよその料金です。レストランでの飲食代の見積もりは、注文す    る量によって異なります。 飲み放題などのクラブイベントなどに参加する場合は、飲み物代は除外して下    さい。 4. イベント参加中は置き引きに注意 ついついパーティに夢中になってしまうところですが、置き引きには要注意です。荷物を置いて席を離れないよう十分気を付けましょう。 5.すりに注意 すりはこちらが気付かないうちに、接近することなくポケットやバッグから貴重品を盗み取ります。世界中どこでも、特に人が集まるところで起こります。 まだJahjastarzではこのような事例は報告されていませんが、やはり気を付けて欲しいことのひとつです。 財布はバッグの底にきちんと押し入れて、バッグはチャックをした状態で脇に挟んで持ち歩いて下さい。男性は財布を入れたポケットを常にチェックするよう心がけて下さい。 6. 緊急時の電話番号を知っておこう ジャマイカでは119に電話すると警察に繋がります。緊急時に備えて常に自分のいる場所を把握しておきましょう。 ・警察 – 119             ・救急車- 110             ・消防署- 110             ・航空海上保安 (…

 Jahjastarzでジャマイカへ行ってみませんか?

最初のステップとして、旅行の計画を立てよう! (出会い系、パスポートの発行や更新、ビザの手続き、航空券の手配、保険の加入などのサービスは行っておりません。) そしてリーズナブルな滞在先、ドライバー、パーティスケジュールが用意されているJahjastarzで予約手続きをしよう!(イベントカレンダーにてパーティスケジュールをご覧いただけます。) 予約が完了すると、お支払い手続きに進むためのメールが来ます。支払いが完了すると、予約の詳細メールが届きます。お支払いの前に、Jahjastarz代表者と予約内容に間違いがないか念入りに確認します。 ジャマイカに到着後、タクシーサービスのドライバーにてピックアップされます。(ドライバーの情報は事前にお伝えするのでご安心下さい。) タクシードライバーの他にもお抱え運転手、空港までの送迎のみなど、予約時に自分の希望に合わて好きなスタイルを選べます。 アパートまで送迎され、鍵と賃貸料に関する詳細を受け取ります。そしてドライバーに最寄のレストランと、食料を調達するためスーパーまで行ってくれと頼みます。 タクシーサービスは安全と快適さを提供してくれるので、どこに行ったらいいか分からないなんて心配をする必要はありません。 Jahjastarzは常にお得な情報(パーティやクラブのフリーエントランスやレストランのディスカウントなど)を提供してくれるので、安心して旅行が楽しめます。 Jahjastarzでは自分の希望に沿った旅行スタイルを選べます。ホテル、アパート、シェアハウス、シングルベッドルーム、現地人のところへホームステイなど。 他社との一番の違いは、Jahjastarzは私たちのニーズに応えたサービスを提供してくれます。 繁華街のパーティであれフェスティバルであれ文化を楽しむのであれ、私たちのニーズが最優先されます。さらに、希望すればツアーやハイキングプラン、バックパックプランも組んでくれます。 料金、安全、信頼が確保されるJahjastarzで、ジャマイカ人のようにパーティをしてジャマイカを思いっ切り楽しもう!   Jahjastarz       ジャマイカ旅行